アクション

「スパイダーバース」は「君の名は。」と同じくらいアニメ映画界に革命を起こした。

こんばんは。

やーっと「スパイダーマン スパイダーバース」を観賞することができました!

引用元:https://eiga.com/movie/88298/gallery/9/

 

…とはいうものの、映画の情報公開直後は全く期待しておりませんでした。

スパイディの最新作が公開されると聞いて喜び、アニメと聞いてがっかりしたのを覚えています。

「今さらアニメを公開するなら今さらアメスパ3を公開してくれよ…」と思っていました。

 

が!海外で一足先に公開された直後、「過去最高傑作!」と、高い評価を受け、そのまま流れるようにアカデミー賞の長編アニメーションを受賞するという凄まじい結果を残しました!

 

最初は期待しておりませんでしたが、この結果を見て、風見鶏のようにワクワクしだしました。(スパイディファン失格)

 

仕事の関係で公開してから1か月後と、大変遅くなりましたが、何とか、しかも4DXで鑑賞することができました!

 

150字要約

舞台はニューヨーク。天才高校生マイルス・モラレスは叔父と地下トンネルで落書きをしている際、奇妙なクモに噛まれてしまう。次の日から、驚異的な身体能力や壁を這うように動き回る能力を手に入れる。まるでコミックのスパイダーマンのように。事態を解決する為、地下トンネルへ向かうと、そこには戦闘中のスパイダーマンが…。

 

スパイディはコミックから生まれたキャラクターである

引用元:https://eiga.com/movie/88298/gallery/3/

 

もう既に世界的に言われていますが、本作はアニメ映画界に革命を起こしたと言っても過言ではないです。(断言)

僕のような”にわかファン”だとコミックは全然知らないし、「スパイディと言えば実写化だろ!アメスパ最高!」という意見を持っていますし、そういう方も結構多いのではないでしょうか?

 

しかし、そういった方にこそ観賞してほしく、スパイディはコミックから生まれたキャラクターであり、これが原点ということを再認識させてくれる作品でした。

 

話は変わりますが、アニメ、と一言でいうと、どんなイメージを持ちますでしょうか?

「君の名は。」のような美麗な作画や、ピクサーのようなCGを用いた作画…。

様々な作画があると思いますが、この作品にはそのどれもに該当しません。

かつて今まで、アニメに吹き出しがや効果音が文字として表現されているのを見たことがあるでしょうか?

僕は初めて観ました。

さんざんアニメと言ってきましたが、本作は、まるで動くコミックを読んでいるかのような気分になります。

何度もくどいですが、この映画は、スパイディの原作であるコミックを半分アニメ半分コミックという独特な表現で僕のような素人でも馴染みやすいように作られた、完璧な作品であることは間違いないと思います。

 

スパイダーマンをスパイダーマンが育てる初の作品

引用元:https://eiga.com/movie/88298/gallery/6/

 

さんざん作画をべた褒めしてきましたが、ストーリーはどうかというと、やっぱりこちらも最高です!

まだ幼い高校生が戸惑いながらも1人のスパイダーマンに成長するお話です。

本作の大きな特徴は、スパイダーマンを育てるのがスパイダーマンであること!

他の作品では、戸惑いながらも1人で強くなっていくスパイディが多いですが、本作では様々な次元からやってきたスパイディ達に鍛えられながら強くなります。

 

原作から知ってる方なら馴染みがあるのかも知れませんが、僕のように映画しか知らない方は恐らくほとんどのスパイディを知らないのではないでしょうか?

しかし、このキャラクター達が個性的で、直ぐにキャラを掴みやすい!しかもキャラクター紹介をしてくれる為、知らなくても問題ない!(このキャラクター紹介が結構面白い)

 

一般市民のマイルス・モラレス

引用元:https://eiga.com/movie/88298/gallery/

 

今までのスパイディは高校生以上でしたが、今回の主人公、マイルス・モラレスは13歳の中学生。

天才、ということを除いては僕たちと何も変わらない所が彼の魅力で、親近感が湧くポイントだと思います。

生前、スパイディの生みの親であるスタン・リーは、

「頭からつま先まで、すっぽり覆うスーツにしたのは正解だったよ。誰もがスパイダーマンになれる。アフリカ人でもアジア人でもインド人でも、あのスーツを着てスパイダーマンになった自分を想像できるんだ。」

引用元:SPIDER-MAN INTO THE SPIDER-VERSE 映画パンフレット

 

と、仰っていたそうです。

スパイダーマンとして戦っている時はカッコ良いヒーローですが、スーツを脱げば普通の少年。

この特別感の無さが、親近感の持てるポイントだと思います。

 

まとめ

引用元:https://eiga.com/movie/88298/gallery/4/

 

スパイダーバースは僕の中で今のところ今年一の作品となりました!

では、今までのスパイダーマン映画で1番か?と聞かれると、1番ではありませんでした。

個人的にはまだアメスパ2の方が好きです!(ラストが好きすぎます…笑)

 

ですが、凄く満足のいく作品だったし、4DXで鑑賞して良かったなと思っております!

続編があってもおかしくないほどの大反響ですし、是非続編を製作して頂きたいです!

 

映画日誌ランキング

 

1.スパイダーマン スパイダーバース

2.イエスマン ”イエス”は人生のパスワード

3.モンスターズ・ユニバーシティ

4.インターステラー

5.キャプテン・マーベル

6.ヴェノム

7.アントマン&ワスプ

8.名探偵コナン 紺青の拳

9.ワイルド・スピード

10.グランド・イリュージョン

11.シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム

 

今年一、映画日誌ランキング一になりました!