アクション

【ネタバレあり感想】人間のエゴにイライラ…。自己中人間多すぎ問題「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク 」

こんにちは。

今回は、ロスト・ワールド ジュラシック・パークを観賞しました。

引用元:映画.com

ジュラシック・パークシリーズの二作目になります。もう三回くらい観賞しましたが、最近金ローで「炎の王国」(ジュラシック・ワールド最新作)をやっていたのを聞いて、懐かしく想い観賞に至りました。因みに金ローの「炎の王国」は友達曰くカットしすぎてダメだったそうです(笑)。地上波って有名な作品をタダで観れるメリットはありますが、時間上どうしてもカットされてしまいますよね。僕はそれが嫌であまり地上波は観ません(笑)

雑談はここまでにして、以下感想です。

あらすじ

前作の悲劇から4年。ある日、インジェン社の会長ハモンド(リチャード・アッテンボロー)に呼び出されたイアン(ジェフ・ゴールドブラム)は、ある秘密を明かされた。実は「サイトA」である「ジュラシック・パーク」に恐竜たちを供給する遺伝子工場の「サイトB」がイスナ・ソルナ島に置かれていたというのだ。閉鎖され、放置された島では人知れず恐竜たちが生き延びて繁殖しているという。ハモンドはマルカムに島の調査を依頼され、ビデオ・ドキュメンタリー作家のニック(ヴィンス・ヴォーン)、フィールド用装備の専門家エディ(リチャード・シフ)と共に現地に向かったが、イアンの娘ケリー(ヴァネッサ・リー・チェスター)もトレーラーに潜り込んでいた。島には既にイアンの恋人で古生物学者のサラ(ジュリアン・ムーア)が入っており、合流した5人は恐竜たちが闊歩する世界に夢中になる。だが、突如ヘリコプターの大部隊が島に飛来し、次々と車や機材を降ろし始めた。ハモンドの甥で、今やインジェン社の会長となったルドロー(アーリス・ハワード)が、会社の起死回生の策として、ジュラシック・パークの再生をもくろんでいたのだ。ルドロー一行は島に降り立つと、ハンターのテンボ(ピート・ポスルスウェイト)を先頭に次々と恐竜たちを狩り、捕獲していった。テンボはティラノサウルスの巣を見つけると、赤ん坊を連れ出して親をおびき出す囮にした。その夜、ニックたちはルドローのキャンプに忍び込むと恐竜たちを檻から解き放つ。怒り狂い、暴れまわる恐竜たちに、キャンプはパニックとなって壊滅。サラとニックは傷ついた子供のティラノサウルスをトレーラーに運び込んで治療したが、怒り狂った両親がトレーラーを襲った。トレーラーは崖から宙吊りになり、エディが必死に救出するが、ティラノサウルスに食われてしまった。残りの4人は何とか脱出に成功。イアンたちは、島の本部地区の通信センターを目指すハンターたちと行動を共にする。途中、ハンターの一員ディーター(ピーター・ストーメア)が小さいが凶暴なコンプソグナトスの犠牲になった。その夜、川辺でキャンプした一行をティラノサウルスが襲撃してきた。そこから逃れたハンターたちも、草原を横切る際に敏捷なヴェロキラプトルの餌食となった。本部センターにたどり着いたイアンらは無線を復活させ、救援を要請。レスキュー隊のヘリコプターが到着したが、ルドローはティラノサウルスを捕獲して貨物船に積み込むと連れ去ってしまう。だが、輸送途中で麻酔の切れたティラノサウルスは、サンディエゴに上陸するや大暴れ、街は阿鼻叫喚の地獄図に。イアンとサラは郊外のジュラシック・パークに保護されている恐竜の赤ん坊を連れ出し、親を貨物船におびき寄せる。無事、船に閉じ込めることに成功するが、ルドローは食われてしまった。ティラノサウルスは島に送り返され、島は人間の手が触れないよう保護されることになった。

引用元:映画.com

作品情報

1997年に公開し、第70回アカデミー賞で視覚効果賞にノミネートされている。前作に引き続き、監督はスティーブン・スピルバーグが務める。主演は、前作メインキャストを務めたジェフ・ゴールドブラムが務める。

感想

人間同士のエゴの押し付け合いが酷く、自己中な人ばかりでイライラした。ジュラシック・パークシリーズのハラハラ感はあるが、どこか退屈な作品だった。

人間が過ちを繰り返す生き物なのか。

前作で太古の生物を蘇らせ、それを見せ者にして大儲けしようとした人間に罰が下るかのように恐竜が暴れだし、命を奪いました。そして人々は生命を操ろうとなどはしてはいけないと反省しました。が、歴史は繰り返される。今作では、ジュラシック・パークで生き残った恐竜たちを使ってパークを再建しようとまた恐竜島へと足へ運びだすシーンを見てると、「なんでこうなっちゃうのかな~」という気持ちが抑えられませんでした。前作は人間のエゴもありましたが、どちらかというと恐竜に出会いたいというロマンを求めて失敗してしまう作品でした。それに対し今作はお金や名声の為が多かった為、登場人物に全く共感できませんでした。「恐竜を間近で見れるなんて感激!」と言い娘をほったらかしにして一足先に恐竜島へ向かうサラ。「俺はティラノサウルスを捕まえるんだ!赤ん坊を囮にしよう!」と血の通った人間の思考を持たないテンボ。「恐竜王国の再建だ!会社を復活させるぞ!」と意気込んだ挙句ティラノサウルスに食されるルドロー。何故こうなってしまうのか?「戦争は何故なくならないのか?」という最強の道徳のお題のように、この技術がある限り恐竜を復活されるか否かの問題はなくならないのでしょうか?今回は、金目的の為に恐竜を狩っていたというのもあり、嫌な人間が多かったのでイライラしてしまいました。

ちびラプトル最強説

引用元:Wikipedia

最強の恐竜は?と聞かれたら迷わず「ティラノサウルス!」と答える方が多いと思いますが、今作に限っては、ちびラプトル(コンプソグナトス)が最強です(断言)。体長70cmほどの小さい恐竜で、見た目は可愛いんですけど、こいつらが群れになってとびかかってくるんです。ティラノサウルスだと一思いにばくっといってしまうのですが、ちびラプトルは少しずつ人間の肉をかじっていくので正直むごい(笑)。ただの雇われハンターなのに一番可哀そうな死に方してました。どうせならルドローがこの食われ方しろよ。

ハラハラのトレーラーシーン!

本作の見所シーンと言えばトレーラーで二頭のティラノサウルスに襲われるシーンでしょう!知的なティラノサウルスは、「せや、こいつら噛み殺さんと崖に落としたろ!」という思考回路でトレーラーを崖の方へと押していきます。トレーラーは半分宙に浮き、トレーラーと切り株を結ぶロープがイアンらの命綱になります。そこでエディがトレーラーの中の人を救おうとあの手この手で必死に頑張ってくれるのですが、ティラノサウルスの餌食になってしまいます。このシリーズって逃げ出してしまったり、悪いこと考えた奴が餌食になるのが多いと思いますが、こんなに善良な人が餌食になるのはかなり珍しいのではないでしょうか?しかし、エディのお陰でトレーラーの人たちは助かったので無駄な死ではなかったと思いたい。トレーラーの中の人がロープを掴み、トレーラーの外側だけが崖から落ちていくシーンは謎にスカッとしました。

町でティラノサウルスが暴れるシーンは必要だったのか?

中盤少しダレつつも、ラプトルに襲われそうなイアンを、娘のケリーが鉄棒運動を利用して助けるシーンに「おぉ!」っという歓声をあげ、めでたしめでたし…。と思っていたらまだ続くのでした。ティラノサウルスが船でサンディエゴに連れ出され、そしてティラノサウルスが檻から逃げて町中暴れまわる。。僕の感覚がダメなのかな~、最後のティラノサウルスのシーンは蛇足だった感が拭えない。ケリーがイアン救って終わっていた方が纏まりよく終わっていたと思いました。恐竜の存在が世に知れ渡った所で次回作に続けたかったのでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

簡単にまとめると、

  • 前作に学ばず過ちを繰り返す人たちにイライラする。
  • ちびラプトルが最強でちょっとむごかった。
  • トレーラーのシーンはハラハラして面白かった!
  • 町でティラノサウルスが暴れるシーンは蛇足だったと思う。

うーん、ジュラシック・パークシリーズは大好きですが、ロスト・ワールドは微妙でした。人間は欲望の塊なんですね。(僕もお金欲しい)