ドラマ

【ネタバレあり感想】夢を叶えることが人生のきらめき?いざ生前の世界へ!『ソウルフル・ワールド』

こんにちは。

今回は、こちらの映画を観賞しました。

ソウルフル・ワールド

引用元:映画.com

ピクサー長編映画の23作目となる作品で、コロナによって劇場上映を見送りになった犠牲者(?)の1人。

ピクサー映画は毎回劇場で観るのを楽しみにしていただけに残念でした。

ディズニープラスの先行上映期間 (課金必要な期間)が想像以上に短かったのが良心的でしたね。こんなにすぐ観れるなら課金する必要ないのでは?

以下、感想になります。

作品情報

ニューヨークに暮らし、ジャズミュージシャンを夢見ながら音楽教師をしているジョー・ガードナーは、ついに憧れのジャズクラブで演奏するチャンスを手にする。しかし、その直後に運悪くマンホールに落下してしまい、そこから「ソウル(魂)」たちの世界に迷い込んでしまう。そこはソウルたちが人間として現世に生まれる前にどんな性格や興味を持つかを決める場所だった。ソウルの姿になってしまったジョーは、22番と呼ばれるソウルと出会うが、22番は人間の世界が大嫌いで、何の興味も見つけられず、何百年もソウルの姿のままだった。生きる目的を見つけられない22番と、夢をかなえるために元の世界に戻りたいジョー。正反対の2人の出会いが冒険の始まりとなるが……。

引用元:映画.com

感想

☆☆☆☆☆☆☆☆/10
ピクサーならではの生まれる前の世界観が論理的かつリアルだったので、とんでもない想像力たなと感動した。想像と異なるラストで、人生の一瞬一瞬を大切にしていきたいと思える作品だった。

毎回新鮮さを与えてくれるピクサーの想像力の豊かさ

リメンバー・ミーでは、『死後の世界』を論理的かつリアルに表現し、本当に信じたいなと思わせてくれる世界観に感動しました。

本作では、それとは対になる世界観である『生前の世界』を、これもまたうまーーーく表現できていて、ものすごく感動しました。ピクサー製作陣の中に人生2週目の人いる。絶対。

ジェリーと呼ばれる魂の管理人みたいな人が、無個性の魂に少しずつ個性を与えていき、最後の1つは自分の中に眠る『きらめき』を自分で見つけさせる。それを見つけたら地球に落ち、身体が与えられ生れ落ちるという仕組みで命が誕生します。

こう考えると、僕のせっかちな性格や、だらしない性格も全部ジェリーに決められたって事やな!!やられた!!(失敬)

そして、映画に夢中になれるという『きらめき』は、生前の世界で僕が見つけたものだと考えると、ちょっと感動的で、大切な感情なんだなと思いました。

世界観だけでなく、生前の世界のキャラクターも魅力的で、キャリーらのような管理人は、人型だけど人じゃない姿、まるで絵画に描かれる神のような姿をしていながら、人情味溢れる性格をしているのが、とても魅力的でした。

こういう、世界観やキャラクターだけで、ワクワクを感じさせ、観てる僕たちにも想像する機会を与えてくれるピクサー作品には、流石としかいいようがありません。

これだけで観る価値のある作品です。

想像と違ったラスト

ジャズミュージシャンとしてのチャンスを掴みかけていたジョーは、ふとしたきっかけで生前の世界に迷い込んでしまうが、何とかして元の世界へ戻り、元の世界へ戻りジャズミュージシャンとして成功します。

ここで、めでたしめでたし…かと思えば、ジョーは必死に追い続けていた夢を掴んだ後でも、心に穴が空いたままでした。

その穴とは、22番(生前のソウル)と一緒の日々を過ごす事で学んだ、『一瞬一瞬に生きている喜びを感じる事』でした。

冒険中、22番は、服を着る、知り合いと語り合う、美味しいものを食べる、といった何気ない日常の一瞬一瞬に、感動していました。

獣医を目指していたが、夢破れて散髪店を営んでいる男性も、今この瞬間を楽しむかのように生き生きと仕事をしていました。

この映画のラストでは、夢を追い求め、掴み取ることも大切だが、それ以上にこの人生そのものを大切にする事が大切なんだと訴えているように聞こえました。

劇中の22番を見ていると、僕らが何の気なしにしている行動の一つ一つに、『人生のきらめき』を感じていました。思えば僕は、無意識に飴を食べたり、何も考えず通勤しているな、とはっとしました。

毎日を繰り返しと捉えるのではなく、新しいきらめきとの出会いだと思って生きれば、もっと豊かな人生を送れるんだなと感じました。

まとめ

観た直後には☆6で記録していましたが、感想を書いていくうちに心に響いてきたので、☆8に変更しました!(単純)

ちょっと残念だったのが、22番が地球に飛び込んだ時に、生命として生れ落ちるシーンを観たかったなぁと思います。

ですが、新しい世界観と感動を与えてくれるピクサーには毎回感謝でいっぱいです。(信者)

ディズニープラス会員であれば無料で観賞できるので、是非観賞してください!

以上!!!