SF

シン・ゴジラがイマイチだった人にこそ観てほしい「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

こんばんは。

今回は、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観賞してきました。

引用元:https://eiga.com/movie/88330/gallery/19/

珍しく公開日の次の日に観賞することができました。

因みに僕は、ゴジラ作品をほとんど観たことがなく、唯一観たのはシン・ゴジラくらいのほぼど素人目線での観賞でした。

早速感想書かせてもらいます。

リアル映画日誌

これぞゴジラ?大迫力怪獣バトル!

引用元:https://eiga.com/movie/88330/gallery/2/

いやー、迫力が凄かったですね!

映画の7割くらいは大怪獣バトルでしたね!

これぞゴジラ映画!(ゴジラ全く知りませんすみません)

中でもやはりゴジラとギドラの戦いが凄くカッコいいですね!

一昔前のゴジラ映画のような着ぐるみではなく、CGをフルに使った美麗な戦いになってました。
中でも以前観賞したシン・ゴジラとは完全に対称的だったことが1番印象的でした。

シン・ゴジラはゴジラが現れた日本の政治や防衛機関のリアルな動きが見れたのに対し、本作キング・オブ・モンスターズは迫力重視のドンチャン騒ぎ。

シン・ゴジラも評価が高い映画ですし、評価が分かれそうな気もしますが、僕は断然キング・オブ・モンスターズ派です。

シン・ゴジラのリアルな国家の動きも素晴らしかったですが、内容が難しすぎる。アホにはわからない。

やはりゴジラには迫力重視のドンチャン騒ぎを求めてしまいます。笑

頭を使わずその場を楽しみたかったので、凄く良い時間を過ごせました!

登場人物がサイコパス

引用元:https://eiga.com/movie/88330/gallery/18/

迫力面はべた褒めでしたが、少し残念な点を。
登場人物が兎に角ヤバすぎます。特に母親。

巨大生物は、地球が防衛本能として、地球を破壊する人間たちを駆逐する為に生んだ…という設定らしいのですが、今は冬眠してるこいつらをわざわざ一部の人間が叩き起こしに行くわけですね。

こうして大怪獣を解き放ち、人類を大幅に減らした後、元の自然豊かな地球に戻す、という目的らしいですが、その目的がだいぶイカれてる。

通り魔クラスで罪のない人々を殺すという無茶苦茶な自己満に付き合わされるとか考えられません。

申し訳ないですが、

「まさかお前ら自分達はしっかり生き残ろうとしてないやろうな?」

と思ってしまいました。

中でも母親は特に問題で、最初は凶悪犯達に脅されて解放していましたが、途中から(何故か)自分の意思で行動するようになり、助けにきた夫の手を取らず、爆破スイッチを押すという見事なサイコパスを演じて下さいました。

まとめ

引用元:https://eiga.com/movie/88330/gallery/21/

ストーリーは微妙ですが、ゴジラVSギドラを楽しむには十分な作品だったと思います!

今までのゴジラを観ていない人でも楽しめると思うので是非観賞してみてください!(伏線に気づけていないのかもし!ませんが…)

映画日誌ランキング

1.スパイダーマン スパイダーバース

2.イエスマン ”イエス”は人生のパスワード

3.モンスターズ・ユニバーシティ

4.アイアンマン

5.アベンジャーズ エンドゲーム

6.アバター

7.インターステラー

8.キャプテン・マーベル

9.ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

10.ミッション・インポッシブル2

11.カメラを止めるな!

12.ヴェノム

13.アントマン&ワスプ

14.ミッション・インポッシブル

15.名探偵ピカチュウ

16.名探偵コナン 紺青の拳

17.ワイルド・スピード

18.グランド・イリュージョン

19.シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム