ライフハック

プロ意識学びたい時に観る映画「ハドソン川の奇跡」

Q. プロ意識ってどんなもの?

「プロ」と「アマチュア」の違いは、どんな所にあると思いますか?

僕は、「その道でお金を貰っているかどうか」だと考えています。

例えば、趣味で写真を撮って、SNSにアップしているのは「アマチュア」で、人から依頼を受けて写真を撮り、その報酬を頂いていれば「プロ」ということです。

では、「プロ意識」って何でしょうか?

僕は、「責任感を持つこと」と考えていますが、ちょっとアバウトですよね…。

じゃあ一体何なんだ!という答えを解消してくれるのがこの映画!

引用元:映画.com

以下、ネタバレありです。

A. どんな不具合にも対応できる準備

まずは簡単なあらすじを

2009年、乗客155人を乗せた飛行機が、バードストライク(鳥との衝突)によりコントロールを失います。

機長であるチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは、40年間のパイロットで培った経験を基に、飛行機をハドソン川へ着水させ、見事乗客全員を救った。

国からは”英雄”と称えられる一方で、国家運輸安全委員会からは、「引き返す事も可能だったのではないか?」「誤った判断で乗客の命を危険に晒したのではないか?」と厳しく言及されます。

しかし、幾度ものシミュレーションの結果により、サリー機長の判断は正しかったと判定され、正式に国民の英雄になる…という話です。

準備が生み出した功績

サリーがこの功績を生み出すことが出来たのはずばり「準備」だと思います。

ボーイスカウトのモットーでもある「備えよ常に」という言葉にも当てはまりますね。

サリーはプロとして、いついかなる時の状況も考え、40年間常に脳内シミュレーションしてきたそうです。

「もしこうなったら、こうする」という事を常に考えてきたからこそ、上空850mでバードストライクが起こっても咄嗟の正しい判断ができたのです。

僕はこの映画を観て、これこそがプロ意識だと学びました。

サリーの言葉で、「僕はできる事を全てした」「やるべき仕事をやっただけです」と、事故に対する追求を受けている時も、動じない自信感も全て、日頃の準備が完璧だったからだと思います。

僕たちの生活で置き換えると…?

では、これを僕たちの生活に置き換えるとどうでしょうか?

僕のようなサラリーマンだとこんなことが考えられます。

  • 朝、電車が遅れることを想定して、始業30分前に会社に着く。
  • 飲み会に誘われるのを想定して、必ずやりたい事は朝済ませておく。
  • 仕事中、眠くなるのを想定して、コーヒーを飲んだりストレッチする。
  • 急務が入るのを想定して、期限1日前には仕事を終わらせる。
  • 二日酔いになるのを想定して、夜は飲み過ぎない。

…等。

ざっと思いついたのでも、これくらいありますね。

人の命を預かるパイロットとはスケールが違いますが、その道でお金を貰っている以上、プロ意識を持って働かないといけないと感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

委員会のお偉いさん方がの厳しい追及に対して、「やるべき仕事をやっただけだ」と返せる自信の源は、日々の圧倒的準備力があったからだと思います。

僕たちも、サリーのように日頃からプロ意識を持って、仕事にあたっていきましょう!

では、以上!!!